親族の介助・看護がしんどい!ストレス軽減のためのメソッド

hands-736244_1280

親の介助・看護につきものの難しい問題に、看護と介助を行う側にのしかかる精神的負荷を挙げる人が多くいます。とりわけ家でのではほとんど気を緩められなくなる為、自由時間がなくなってしまう点がストレスになり得るでしょう。

親族の介助と看護問題に臨んだとき、まずはスペシャリストに助言を請うのがお勧めです。専任コーディネーターを持たないのでしたら、近くの在宅介護支援センターを利用すると良いでしょう。これは公的施設なので、相談は無代です。

民間企業の方からもケアサービスの取り扱い企業が近年では増加しており、介護保険の適用対象となるサービスは勿論の事、お弁当の宅配や家政の援助等現場のリクエストに応えるサービスに至るまで、多様なサービスが提供されているのが現状です。