結婚するといえば無条件で好きでいられるパートナーと人生を共に歩むことである

wedding-443600_1280

退職したくないがゆえに結婚を二の次にしてしまっている人はいっぱい存在するかもしれません。が、若さが強みになっているだけです。今の時点でガツガツ働けている人も数年後には頭の回転が早いより若い人材に仕事が割り振らふと自分を見つめなおした時には仕事もプライベートの喜びも両方失ったなんていう未来も。

一体どのように努力したら異なる結婚観を持つ男性といらいらすることなくつきあっていくことができるのでしょうか?同じような価値観の男の人と出会えれば一番よいのですがそれは本当に難しいものですので、自分が今持っている結婚に対する考え方をもうちょっと緩くすることを考えましょう。理想と現実には差があるものだと割り切るべきだと思います。

夫婦となる人とどんなことをしてる時間と、どのようなことをしてもらえた時が幸せのかを思い返してみましょう。その両方の時に何の見返りもなく彼のことを愛おしむことができていますか?相手から何かしてもらう代わりに何かをすると思うのはNGで、見返りを期待しないで何かをしてあげたいかをチェックしてください。